インボイス制度

皆さま、こんにちは。大木でございます。 聞いたことがある方も多くいるかと思いますが、インボイス制度はご存じでしょうか? 正式には「適格請求書等保存方式」であり、2023年(令和5年)10月1日より導入される消費税の新しい仕入税額控除方式のことです。 この方式が導入されると、仕入税額控除を行うには適格請求書(インボイス)の保存が要件となります。 そのため、売上側が仕入側に請求書を出す際に適格請求書を出さないと、仕入側ではその買った製品等について消費税納税額計算時に仕入税額控除を行うことが出来なくなってしまいます。 適格請求書を発行するためには「適格請求書発行事業者」への登録が必要となります。 ただ、登録し適格請求書発行事業者となった場合には、免税事業者であっても課税事業者となってしまいます。 そのため、課税売上高が1,000万円以下の小規模事業者にとってはデメリットがあり悩みどころとなります。 インボイス制度についてはまた後日書きたいと思います。 なお、「適格請求書発行事業者」への登録は今年の10月1日より開始されました。 どうぞ宜しくお願いします。